関税と税金 / 輸入付加価値税(VAT )

基礎を理解する

関税の概要と計算方法

貨物は、贈答品かどうかにかかわらず、仕向国の関税法で定められた輸入手続きを経る必要があります。貨物の税関申告は、発送国、価格、数量などの多くの要素に基づいて行います。これには、輸入の目的は含まれません。関税対象の貨物には、越境輸送される物品に義務付けられた関税または税金 / 付加価値税(VAT)が課されます。

関税の計算は、課税貨物の評価額によって異なります。この計算のために、課税対象物にはHSコード(輸出入統計品目番号)と呼ばれるコード番号が割り当てられています(このシステムは、世界税関機構によって管理され、進化し続けています)。

越境貨物の税金 / VAT

政府税 / VATは、政治境界線を越えて移動する物品に課されます(ただし、世界には自由貿易地域も存在します)。税金 / VATは一般に、国家間貿易を抑制する経済政策である保護貿易主義と関連しています。

評価後の関税と税金 /VATの支払いについて

通常、関税と税金 / VATの支払いは輸入者の責任となります。しかし、弊社アカウントをお持ちのお客様は、DHLが輸入者の代わりに税金を支払い、通関後に請求する場合がございます。

その場合、貨物の配達後、DHLが立て替えた関税と税金 / VATを手数料とともに、アカウントをお持ちのお客様に請求させていただきます。

個人用にオンラインで購入した物品

オンラインで購入した物品には、次の理由により、関税と税金 / VATが課されることがあります。

  • 関税と税金 / VATは通常、ネット通販業者のサイトで精算時に明記されていなければ、オンラインで購入する物品の価格に含まれていません。また、ネット通販業者に支払う送料の総額にも含まれていない場合があります。
  • オンラインで購入した物品の一部またはすべてがお客様のお住まいの国から発送されない場合は、越境輸送される物品に義務付けられた関税や税金 / VATの対象となります。
  • 物品の発送元が国内ではない場合は、お客様は日本の税関当局が適切と判断した輸入関税と税金 / 消費税を支払う義務を負います。
  • 日本に入った物品を可能な限り短時間で配達できるように、物品に課された関税と税金 / 消費税をDHLが立て替える場合があります。
  • 立て替えた関税と税金 / 消費税の支払いの保証が得られた場合、DHLは物品をお客様にお届けします。
  • 支払額は、物品の発送国、物品の種類、物品の取引額、荷物の重量によって異なります。

オンラインで物品を購入する場合は、次のどの場所からその物品が発送されるかを必ずご確認ください。

  • お住まいの国
  • それ以外の国

注:物品を販売用に購入する場合は、別の規則が適用されます。

オンラインで購入した贈答品

贈答品とは、個人から個人に直接送られる物品と定められています。仕向国の基準を下回る価格の贈答品には、輸入税 / VATは課されません。

お客様が他の人のために注文して代金を支払った物品でも、日本以外から発送される場合は、税関の定める贈答品とは認められません。

関税と税金 / VATに関するクイックFAQ

オンラインで購入した物品に関税と税金 / VATが課されていました。送料の総額に含まれていなかったのはなぜですか?

  • 関税と税金 / VATは通常、オンラインで購入する物品の価格には含まれていません。
  • オンラインで購入した物品は、その一部またはすべてがお客様のお住まいの国から発送されない場合があります。
  • 物品の発送元が日本でない場合は、お客様は日本の税関当局が適切と判断した輸入関税と税金 / 消費税を支払う義務を負います。
  • 日本に入った物品を可能な限り短時間で配達できるように、物品に課された関税と税金 / 消費税をDHLが立て替えて直ちに税関当局に支払う場合があります。
  • 立て替えた関税と税金 / 消費税の支払いの保証が得られた場合に限り、弊社はお客様に物品を配達します。

なぜ関税を支払う必要があるのですか?

物品をオンラインで注文して支払いが完了しても、その商品は、税関を通じて貨物を輸入する手続きの対象となります。関税は次の条件によって異なります。

  • 発送国
  • 送料込みの価格
  • 物品の数量
  • 国ごとに独自の関税法があり、各種物品や価格に対する関税率は各国で定められています。私どもDHLは、他の国際輸送会社と同様に、各国の関税法を遵守する必要があります。そのため、通関時に受取人の関税を立て替えることがあります。

物品の購入時には送料込みの価格と明記されていました。それなのに、荷物の配達時に追加料金を請求されたのはなぜですか?

お支払いいただくのは、追加の送料ではなく、日本の規制に従った通関に伴う関税、税金 / 輸入消費税、およびその他の輸入に関する手数料です。

貨物を贈答品として受け取ったのに、なぜ関税を支払う必要があるのですか?

貨物は、贈答品かどうかにかかわらず、日本の関税法で定められた輸入手続きを経る必要があります。貨物の通関は発送国、価格、数量に基づいて行われ、目的は含まれません。贈答品の価格が日本の規定基準を超える場合に限り、関税と税金 / 輸入消費税を支払う必要があります。

自分が使うために注文するのに、価格や数量が制限されるのはなぜですか?

どの国も、個人用の輸入品に制限を設けています。これは、不正使用を防止するためと、個人輸入と販売用の輸入を区別するためです。

通関手続き後、どのような追加料金がかかりますか?

輸入品の価格や種類によって、次のような追加費用がかかる可能性があります。

  • 輸入関税(貨物の価格と送料に応じ料率が異なる)
  • 国内の税金(輸入消費税など)
  • DHLの立替納税手数料
  • 該当する規制取扱料金