2021年EUの通関
規制変更

コンプライアンスと電子データの質に対して高まる重要性を理解するために。

EU*域内の付加価値税(VAT)の規制が変更され、
2021年7月1日がその施行日です:

これまでは、EU域内に輸入される価格が22ユーロ未満の商品はVATが免除されていました。

7月1日以降、EU域内に輸入されるすべての商品はVATの対象となり、正式な税関申告が必要です。




*EU諸国:オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン

2021年のEUの規制変更に対する準備はできていますか?

2021年に予定されている欧州の規制変更(ブレグジット、ICS2、輸入VAT非課税基準枠の撤廃)により、欧州税関当局は、完全かつ正確な通関データの提供に関する規制をさらに強化しています。

通関手続きの遅れ、罰金、罰則の対象となる可能性を回避するためには、今後の規制変更について十分に理解しておくことが重要です。また、DHLエクスプレスで発送する際には、正確で完全な通関データを電子的に提供することが非常に重要になります。

DHLエクスプレスはInternational Specialistとして、今後も皆様と緊密に連携しながらビジネスをサポートし、2021年のEUにおける規制変更へのスムーズな対応を実現します。

DHLエクスプレス CEOからのメッセージ

世界の通関当局は、効率的でリスクに対応した通関プロセスを可能にするために、データに基づいた環境への移行を進めようとしています。

皆様から完全かつ正確な商品データをご提供いただくことは、迅速な通関を可能にするとともに、遅延や罰金・ペナルティを回避するための鍵となります。

迅速かつ完全にコンプライアンスに則った通関を実現するため、この機会にシステムを連携して正確なデータを電子的に提供されることをすべてのお客様にお勧めします。

それを実現することが私どものみならず皆様にとって何よりも重要と考えておりますので、ご支援をよろしくお願い致します。

DHLエクスプレス CEO ジョン ピアソン

2021年の税関規制変更

お客様のビジネスのためのガイダンス